いや~
次回、上塗り編を更新します。と言ってから早38日。
かなり時間が空いてしまいました。(^_^;)


予定では屋根塗装→外壁塗装→パラペット等を
紹介して行こうと思っていたんですが、
塗料や塗装方法を模索したり、
次の現場の段取り&お見積りなどが重なり
ブログを更新する時間がありませんでした。
(お見積りを頂いた〇様 〇様 ありがとうございました。m(__)m)


下塗り/中塗り完了
下塗り兼中塗りのセミフロンルーフバインダーSiⅡを塗装し
乾燥後、上塗りを塗装して折板屋根塗装は完了です。
セミフロンルーフバインダーSiⅡのインターバル(塗装間隔)は、
20℃で4時間以上~7日以内となっていますが
このネタは無希釈でコミがよく(粘度が高い)
乾燥が遅いと感じるので、2~3日乾燥させてから
塗装しようと思っていたら、2~3日後に雨が降り
5~6日目に上塗り塗装を行いました。


清掃
5日間溜まったゴミやほこりはほうきやブロアーで清掃してから上塗り開始。


ワールドセラルーフ
上塗りは弱溶剤2液形無機塗料のワールドセラルーフ。
通常の塗料用シンナー(トシン)でも希釈はできるんですが、
この時期になると夜露の影響でブラッシング(白化/艶引け)しやすくなるため
少しでも早く乾かしたいので、希釈は専用希釈剤で希釈。

個人的な感想なんですが、無機塗料って若干乾きが遅いような気がするので、
こういった専用希釈剤があると助かります。と言っても
塗装した日は夜露が落ちなかったため、
トシンとどれだけ差があるのか、分かりませんでした。(笑)
(当店は屋根を無機塗料で塗装する場合は10月までとしています)


配合表
この塗料は2液形で5対1と決まった比率があるので
かなり昔に使った配合表を見ながら調合し撹拌します。
この配合表、今見るとちょっと恥ずかしいなぁ~(>_<)

この無機塗料は粘度が低いので希釈は2%。
配合表には希釈のg数が書かれていないので
なんとも中途半端なそろばん準2級の頭を使って暗算!(^_^)


上塗り完了
上塗りも下塗りと同じ塗り方ですが、折板屋根なので
凸の影になる部分は乾燥が遅くなり艶が引けると嫌なので
安全策を取り12時で止めときました。
そんな時に限って、夜露落ちないんですもんね(苦笑)
にしても、石巻と比べると塩竈は夜露落ちにくいように感じました。


上塗り完了
2階折板屋根 上塗り完了!
今回使用した塗料は無機塗料なのでこれで20年間安心ですね
なんて、言うのは冗談で屋根だと10~15年程度で
塗り替え時期になるのでは?と考えております。


テンキャップ/カシレキ
塗装後、ボルトを錆びにくくするために
カシレキのテンキャップを装着しました。



テンキャップは中にコーティング剤が充填されており
こんな感じで装着しました。
(若干、コーティング剤(シーリング)がはみ出ます)


テンキャップ 設置
テンキャップ装着完了。
これで、ボルトは錆びにくくなるでしょう!


ポリエチレン テンキャップ
できれば、このボルトキャップも塗装したかったんですが、
テンキャップはポリエチレンのため塗装はできても付着が悪いので
今回は塗装しませんでした。
でも、俺に塗れぬ物などないわぁ~とポリエチレンに挑んでみました。

結果は次回、更新します! 早めに(笑)



娘
それと娘が離乳食開始しましたぁ~
ヨーグルトを食べさせると、自分で食べたいみたいだったので
渡すと、ご覧の通りめちゃくちゃです。(^^)