いやぁ~ お盆明けからの
タイフーンラッシュ  ぐずついた天気
なんなんでしょうねぇ~(>_<)

夏前は「今年は例年以上の猛暑・残暑が続く」と
言っていたのが嘘のようです。

これからの記事は現在、施工中の仙台市の外壁塗装/屋根塗装工事で
なるべく早めに更新していきます!
と言いつつ、いつものように遅れるパターンです。(笑)


MF様邸
去年の10月上旬、インターネット(HP/ブログ)から
お問い合わせ頂き、11月上旬に伺わせて頂きました。

当店は石巻市・東松島市周辺での工事が多く
仙台市で外壁/屋根塗装工事となると
2011年、東日本大震災後、
D様の外壁塗装させて頂いて以来なので、4年ぶりです。

4年前の外壁塗装の施工事例は
こちら仙台市/外壁塗装/ALCです。
↑クリックすると施工事例をご覧いただけます。

仙台には約1年程度、住んでいたことあるので、
道がまったく分からないことはないんですが、
ちょいちょい迷います。(笑)

伺う前日にも、地図を確認して
こういって~あぁ~いって~と
頭の中で考え、いざ走ると
案の定 迷子になりましたが、なんとか予定時間通り到着。


折板屋根
現場調査前に、塗料や塗装のことなどをお話させて頂いた後、
外壁と屋根の調査を行いました。(この画像は施工初日の画像です)

屋根は仙台市で多いカラーベスト/コロニアルではなく
折板屋根で、ほぼ平面状の陸屋根(りくやね/ろくやね)です。


塩ビ被覆鋼板 裂け
折板屋根といっても、
鋼板に塩化ビニル樹脂が被覆されている「塩ビ被覆鋼板」で
ところどころ、裂けていました。

すべての裂け・傷を現場調査で見つけることは不可能ですが
おおよそ40~60ヶ所前後ぐらいは、ありそうでした。


塩ビ被覆鋼板 錆び
塩ビ被覆鋼板が裂けている下は錆びていることが多く
このように少し大きく錆びている場合もあります。
大きい錆はこの部分だけで、小さい錆びもあるだろうと思いますが、
現場調査で裂けている塩ビをカットすることもできませんので、
この辺は「いままでの経験」や「憶測」でお伝えするしかありません。


折板屋根 チョーキング確認前
かなり見ずらいですが、折板屋根の山の部分を手で触ると


折板屋根
チョーキング現象が発生していました。


パラペット
黒い部分はパラペットでここも塩ビ被覆鋼板で
塩ビがめくれ錆びが発生していました。


4
パラペット。
ここはチョーキングしていませんでした。


ドローン
屋根の調査が終わったので、
このドローンを使用し外壁を調査させて頂きました。


外壁
こんなアングルで動画や画像を撮れます。って、冗談です。
ドローン持ってませんから(笑) 


BlogPaint
この撮影は、土牛のカメ棒に(5M程度伸びる棒)


アクションカム
アクションカムを付けて撮影。


外壁 チョーキング
外壁も触るとチョーキング現象が発生していて


雨戸の裏
紫外線があまり当たらない雨戸の裏と比較すると
どれだけ劣化しているか一目瞭然です。

改めて、紫外線って凄いなって感じます。(^^)
個人的にも紫外線は苦手なので(苦笑)


ガスケット
外壁はサイディングボードですが、縦目地はコーキング/シーリングではなく
「ガスケット」と呼ばれるゴム状の物のため
ブリード現象を抑える下塗り塗料を塗装します。


含水率
サイディングボード裏側が湿っていないか
木材の水分を計測する含水率計で計測。
サイディングボード専用の含水率計ではありませんが、
指標にはなりますので、無いよりは全然良いと思い計測しています。

東西南北 計測させて頂き
酷く湿っている面は無いと判断致しました。


玄関の天井
軒天は塩ビ被覆鋼板でしたが、玄関の天井も同じだろうと思い
磁石をつけてみると全然反応せず、おそらくサイディングボードのようです。


玄関の上
玄関の上は塩ビ被覆鋼板ではなく、亜鉛メッキ鋼板のようで
錆が広く発生しているため、できる限りケレン(下地処理)を行い
錆び止め塗料は間違いなく2回塗り確定。


玄関のパラペット
玄関のパラペットも錆びが発生していました。
骨材(こつざい)が入っていて、ケレン(錆落とし)しずらそうです。


で、なんだかんだで、2~3時間前後、現場調査・ご相談させて頂き
後日、お見積り3通・調査報告書4枚・塗料の説明2枚
施工書3枚・診断/調査の時撮影した画像/動画のDVDを
郵送で送らせて頂きました。

ちなみに帰宅する際も迷子になりました。(笑)


着工 足場設置
で、2016年8月18日 足場を設置し外壁・屋根塗装工事が始まりました。

着工はこちらの都合に合わせて頂き、
MF様 本当にありがとうございます。m(__)m


aaaaaaa
そういえば、去年から
外壁の色で悩まれた場合は、この方法を参考にして頂いていて
「阿部さん これ凄く良いよ!」とおっしゃって頂いたり
「無いよりは有った方が参考になる。分かりやすい。」と
結構、評判良いんすよぉ~(^^)


切り抜き
外壁の部分は透明になっているので、


外壁の色 
折り紙などを下に入れても、ある程度 色の予測もできますので、
ご家族で楽しんで頂けたらなと思います。m(__)m



次回は屋根塗装のケレン/下地処理などを更新予定です。